葬儀に関するサイトBegrabnis

Last update:2014/9/29

葬儀の目的

葬儀を行う目的というのは、家庭や人によっても大きく違ってくるのではないでしょうか?
例えば、亡くなった人のために葬儀を行うという意見もあれば、残された家族のために葬儀を行うという意見もあるのです。そして、社会的なお別れの儀式として葬儀を行うべきであるという意見もあります。このように葬儀には様々な考え方があり、こうしろという絶対的なものは存在しません。ですから、最近は喪主の方やご遺族の方のご希望等があればそれに従いながら葬儀が行われています。

どんな目的であっても、最終的に「葬儀をやって本当に良かった」と思える葬儀こそ意味のある葬儀だと思います。

仮に、葬儀を通して亡くなった自分の父親が、多くの人達に慕われていたんだという事実を知ることができ、更に父親に対して尊敬の意を示し、自分自身のこれからの生き様を父親のいままでの人生に恥じないものにしていこう!と自分が思えた葬儀には深い意味があるでしょう。

命のはかなさ、尊さを実感して、より充実して生きていこうと思うことや命の重さ、大切さを学ぶなど、様々に葬儀が行われる事によって生み出される価値があるのです。だからこそ、文化としていままで、葬儀という儀式が受け継がれているのだと私は思います。

ですが、残念なことに多くの人達が、営利目的の心無い業者による愚行影響のせいか、形骸化した意味を持たない儀式という風にかんじているような傾向にあります。

私たち日本人は世界でも高い倫理観を持っており、相手の気持ちを考えることのできる人種だとされています。これらは、葬儀、そしてお墓、仏壇などといった手を合わせるといった文化が下支えしている部分も多いでしょう。だからこそ葬儀が軽んじられてしまえば、ますます日本人の倫理観なども低迷してしまうのではないでしょうか。

葬儀は、決して大金を使って派手にやる事がよいという訳ではありません。一人の大切な命が亡くなった事に対し、しっかり向き合い、その悲しい出来事から何かを感じて学ぶ場所として葬儀が存在するものだと思いたいですね。

葬儀を行う論理

どうして、私たち人間は、葬儀をおこなうのでしょうか?ごく当たり前のように葬儀を行い、理由を考えることはしないかもしれないでしょう。ですが、実際に考えてみると、葬儀には深い意味合いがあるということに気づくでしょう。

1.心理的観点から行う葬儀

死というものは、とても不条理なもので受け入れにくいものですが、どこかで決別をしなくてはいけません。その区切りとして葬儀を行う。そして、最後の別れ際にして何かをしてあげたいという心の拠り所として葬儀を行う。

2.宗教的観点から行う葬儀

亡くなった人の「霊」をなぐさめるという意味の儀式として葬儀を行う。

3.物理的観点から行う葬儀

亡くなった人を火葬することにより「、視覚的に去りゆく者との決別を葬儀として行う。

4.社会的観点から行う葬儀

死亡届けを提出し一連の行政手続きなどにより、社会の中で生きていた人が、社会の中からいなくなったという手続きを葬儀として行う。

現在は、多くの人の価値観の違い、宗教ばなれ、マスコミの影響、さまざまな事情などあって、葬儀をせずに無宗教形式や火葬だけで見送るという人達が増えてきているそうです。
そしてこれらは、亡くなった人の遺志であったり、状況を鑑みてのことだと思います。だからこそ、簡単に一概にはいえるものではありませんが、どんな形でも葬儀を行うことにより、一つの心の区切りになったり、故人に最期にしてあげれたと、自分の心のどこかに納得させられるものとして理由付けができるものが葬儀であることもまた事実です。葬儀の大切さ・・・少し考えてみませんか。

Favorite

葬儀社は病院や知り合いから紹介、斡旋されるものではなく自分で選ぶ時代です。

家族葬や直葬など葬儀社選びにお葬式コンシェル

サバゲーをこれからやってみたい方! サバゲーを始めたばかりの方の復習に

サバゲ 初心者

最大級のオフィス・ショップ物件数!

埼玉県で賃貸事務所・貸店舗を探すなら【埼玉オフィスMOVE】

ホームページ・ウェブサイト・ネットショップの制作を行うHP制作会社です。

ネットショップ 制作

HP以外の機種も買取いたしますので、お問い合わせください

携帯 買取

Last update:2016/8/19

copy